自分を上手くアピールする事が出来ない

日常生活の中で自分をアピールする場面はそれほど多くはありません。
しかし出逢い系サイトの中では、プロフィールやメールで自分をアピールしなければいけません。
しかしどう自分をアピールすれば、相手に好感を持ってもらえるのかさっぱり分からないというのが本音ではないでしょうか?

ではどうすればいいのかというと最初からハードルを上げない事です。
例えば女性慣れを全くしていない相手がいきなり可愛いモテモテの女の子を恋人にしたい。
これはハードルが高すぎます。
まず女性はどんな考え方をするのか、どんなアプローチをされたら嬉しいのか、女性の生態を知る事です。
もしあなたに女兄弟がいるのであれば、女兄弟にいろいろと聞いてみましょう。

兄弟がいなくても日常生活の中で異性の友達がいるのなら、異性の友達にアドバイスをしてもらいましょう。
しかし異性の友達もいないという場合なら、遠回りに思えるかもしれませんが、まずは友達から作ってみる事です。
そして友達が出来たら、その友達に女心について教えてもらうのです。

出来れば、あなたがある女性にアプローチをしたいと思っているけど、○○という趣味について女性はどう思う?
と女友達に聞いてみましょう。
○○が車とかであれば、車好きな女性はあまり多くはないけど、ドライブなら興味がある女性はたくさんいます。
ただドライブに誘うとなると、車は走る密室ですから、最初のデートでは女性は警戒してしまいます。
最初のデートはもっと人が多い、安全な場所で出逢いたいはずだとその女友達はいろいろタメになる事を教えてくれるはずです。

出逢いの目的は明確に

出逢いが欲しいと言っても、あなたの求める出逢いと、彼女の求める出逢いとは必ずしも同じだとは限りません。
例えばあなたは恋人なんか面倒くさい、とにかくセックスが出来る相手が欲しい、セフレが欲しいと思っているかもしれません。
彼女はそろそろ結婚適齢期だし、結婚がしたい、次に付き合う人は真剣に付き合える人、もう時間がない。
そんなふうに思っているかもしれません。

そんな2人が出会ったところで、上手くいくわけがありませんよね。
そのため出逢い系サイトでは目的に応じてサイトが細分化されています。
セフレが欲しい人のサイトはセフレサイト、そして恋人が欲しい人のサイトは恋人募集のサイトです。

そしてセフレサイトの中でも、そのサイトを利用している人なら相手は誰でもいいというわけではありません。
それぞれセックスをしたいタイプ、もっと露骨に言えば相手に欲情を覚えるかどうかが重要なポイントです。
またこれは実際にセックスをしてみないと分かりませんが、身体の相性だっていいに越した事がありません。

それに求めるセックスは事前に性癖など確認しておいた方がいいでしょう。
SとS同士、MとM同士が出会っても、上手くいくわけがないからです。
ただ漠然と出逢いたいと思っているだけでは、実際の出逢いにたどり着くのは難しいものです。
そのため出逢いの目的を明確にし、その出逢いの目的に合ったサイトに登録し、そして目的を果たせる相手を選ぶ
そしてここから大変なのが、自分が選んだ相手に自分も選ばれないといけないという点です。

それらを全てクリアして、初めて出逢いに発展するのです。

掲示板にカキコミするテクニック

掲示板出逢い系サイトでは掲示板を活用した方が効率よく女性にアプローチする事が出来る。
その事を知っていて、掲示板にカキコミしている人も少なくないでしょう。
ではそんな掲示板にカキコミをする際のテクニックについて紹介したいと思います。

まず掲示板を自分が見る時の事を思い出してみて下さい。
あなたは掲示板の最新のページだけをチェックしませんか?
次のページに遡ってチェックするという人は少なくなるでしょう。
つまり掲示板で多くの人の目に留まるのは最初の1ページ目にカキコミがアップされている瞬間だけなのです。
なぜ瞬間という言葉を使ったのか?というと、会員数が多い大手サイトになればなおさらそうですが、次々にカキコミされていくからです。
そのためカキコミして少し時間がたてば、すぐに最新のページから消えてしまうでしょう。

そしてゴールデンタイムと呼ばれる一番アクセス数が伸びる時間帯は同時に一番掲示板へのカキコミ数も増える時間帯です。
そのため多くの人の目に触れる可能性も高いけれど、すぐに消えてしまうため、消えてしまえば再度カキコミする必要があります。
つまり掲示板のカキコミとは1回カキコミすればそれで終わりというわけではありません。
消えたら何度もカキコミする根気が必要だと言えるでしょう。

ただし、際限なくカキコミし続けたらいいというわけではありません。
例えば出逢い系サイトを利用しているAさんが毎日掲示板のチェックをしていて、そこに毎回カキコミしている人がいたとしましょう。
この人毎日カキコミしている。よほど相手が見つからないの?
この人自身に何かしらの問題がある人なのかもしれない。
そう判断される恐れがあるからです。

「運営年数」とサクラの存在率の関係

サクラのいるような悪質出逢い系サイトを利用していては、お金を投げ捨てるようなものです。
誰1人と出会えることもないかもしれません。
サクラのいないサイトを選ぶか選ばないかで、結果は大きく違います。

それにはその出逢い系サイトの「運営年数」もチェックポイントになります。
運営年数は、それぞれのサイトのトップページを見れば分かるようになっているものです。
それが10年以上にもなっていれば、この業界では老舗になるでしょう。
運営経験が長ければ長いほど、サクラは少ないと思われます。

どうしてもサクラで運営しているサイトは寿命が短いものだからです。
サクラのような悪い情報はすぐに口コミで広がるのです。
ひどくなると訴訟も起こされていたりします。
これでは、長々と運営は出来ないのです。
反対にいつまでも運営されているサイトに、悪評は少ないのです。
つまりはサクラがいないと言えるのでしょう。

大体、悪質サイトなどは1年も経たずに閉鎖してしまうサイトが多いようです。
新しい会社には悪質サイトが多いとも言えませんが、運営期間の長いサイトの方が安心出来る実績があります。
それだけで利用者もある程度の評価をしている証拠です。
健全な運営ノウハウにも長けていると言えるでしょう。

10年から20年以上も運営しているサイトは、運営年数が長いことをアピールしています。
それは、信頼出来るサイトの証しなのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.